• トップ /
  • 確認したい葬儀のマナー

葬式出席に関する情報

確認したい葬儀のマナー

決まりが多い葬儀の服装

葬儀に出席する際の服装は一般的に喪服と呼ばれます。参列する場合は、略式の礼服を着用することがマナーです。男性であれば、黒のスーツに白いシャツ、黒いネクタイが一般的です。スーツはダブルやシングルなどの決まりはありません。靴は黒いもので金具のついていないものを選びましょう。女性は黒のワンピースやアンサンブルが一般的です。黒いストッキングと金具のついていない黒い靴を履きます。また、髪の毛はできるだけまとめ髪にしましょう。基本的にアクセサリーは結婚指輪以外は着用しませんが、涙を意味する真珠はつけても問題ありません。ただし、2連になったネックレスは、不幸を重ねるという意味になりますので、マナー違反です。子供が葬儀に出席する際の服装は、制服がある場合は制服で出席します。制服がない場合は黒いブレザーに、白いシャツ、黒やグレーなどのスカートやズボンを合わせます。華美な髪飾りはマナー違反です。一般的に葬儀に出席する機会はあまり多くありません。そのたびに服装のマナーに迷ってしまうこともありますが、決まりが多く難しいため準備する前には一度マナーを確認しましょう。マナー違反は故人や喪主に失礼になりますので注意が必要です。

↑PAGE TOP