• トップ /
  • お葬儀の新常識とマナー

葬儀のいろはとは

葬儀出席をメール返信してよいか

自分の葬儀を考えてみる。

葬儀に参加したことはあるけど、執り行ったことはまだない…そういう方はたくさんいらっしゃいますよね。葬儀を行うということはお身内が亡くなられたということですから、できれば経験しない方が良いのかもしれません。そうは言っても、人の命とは、ある時突然になくなってしまうものでもあります。かといって事前準備をするなど縁起でもないと思う方もいるでしょう。でもご自分のお葬式ならどうでしょうか。子供達に迷惑をかけたくない、または自分らしい終わり方にしたいと、ご自分で準備をしておくのも一つの方法です。

葬儀の風習の移り変わりの情報

以前、葬儀は基本的には自宅で執り行うものでした。しかし、時代の移り変わりと共に、それも田舎だけの風習になり、現代では田舎でもほとんど見られなくなりました。なぜなら、核家族社会になったのと共に、近所付き合いがほとんどなくなり、準備などを手伝ってくれる方がいなくなりました。すると、個人で準備をするのがとても大変になり、セレモニー会館がある葬儀会社の需要が高まり、それが全国的に広まっていったことにあります。

↑PAGE TOP