• トップ

葬儀の出欠の返事について

葬儀出席をメール返信してよいか

葬儀の連絡をメールで貰った場合

以前は訃報といえば電話か、電報、あるいはハガキなどで知らされるものでした。しかし現代では、まず第一報としてメールで連絡が来るケースも少なくないようです。また、葬儀そのものの連絡もメールでくることがあります。とりわけ親類関係や友人関係など、比較的親しい間柄の場合、メールで一斉に送信して連絡を済ますということも少なくない状況です。以前ならそのような連絡の仕方はあまり好まれなかったかもしれませんが、FAXを持っている人が少なくなり、留守番電話を利用しない人も少なくなったことから、むしろ文面としてしっかり残せる連絡方法として使用するケースが出てきています。そうした連絡を受け取った場合、出席する旨をどのように先方に伝えたらいいでしょうか。このようなケースは近年出てきたものなので、はっきり正解というのがないのが現状です。しかし、メールで送られてきたのであれば、そのまま返信で出席を伝えても不正解ではないでしょう。その場合、お悔やみを述べたあと、出席すると伝える簡潔な文面にしましょう。葬儀の出席は必ずしも伝えなくてもいいという意見もあります。その場合ははっきり欠席と伝えましょう。そして、葬儀前日までに弔電を打つ、香典を送る、供物を送るなどの方法でお悔やみの気持ちをあらわしましょう。

↑PAGE TOP